長野県菅平高原内 美術工房・日月宙 日月宙紹介

日月宙

 

日月宙紹介introduction

地域の人達や、東京からの友人らと話したり、季刊「日月宙自由律俳句会報」を出しながら、陶芸や彫刻や絵画などを制作し、又、趣味のごとき小さな畑をやったりして生活してます。

地元の人や観光客を対象に、一日陶芸教室を開いています。また、菅平、真田町に住む美術工芸家の人達と一緒に年に1度の展示会、その時々のイベント企画等に参加しています。

たかだか太陽系の1つの惑星である地球の土を使って、もっと些細に云うと、東洋の、アジアの土を使って、もっと近視眼的に云うと、極東の島-縄文の地の土を使って、惑星的思惟を基礎として、暮らしは新鮮なローカルの中で、人知れずワクワクして焼かせてもらっています。

月日のたつのは矢のごとしの合間ながら、焦らず、慌てず、夕日を見るのも、草木を見るのも忘れずに、白湯を味わう時間もしっかり設けて、万に一つの折角の生を両手で受けて、アイデンティティーなどは芋程度でよく、地球生命体のほんの一欠片の分際である事の目出度い、有難い立場に、感謝合掌し、ひねもす創意に、俳界に浸って息していたいと思います。こんな宙中で獲れた作物ですが、縁があったら、手にとって観ていただきたいと楽しみにしています。飽きたりしたら、すみやかに落とせば、とりあえず壊れてくれると思います。

国が汚れ、空気も水も土も汚れ、人身心も汚れた近頃の地上の出来事を眺めながら、少し冷静になって「ただ」暮らしていようかと云った感じです。座禅はにが手なので、せめて、セッセと粘土いじりをしてようかと思ったりしています。

お問合せ

下記よりお気軽にお問合せください。


お知らせ

ページトップへ戻る